俺をバカにしたDQNに激動の復讐劇…DQNを退学に追い込む!!

反省室から教室までの数分間でいろんなことが俺を締め付けた

まずくらすに入ったときのみんなの反応が怖かったしDQNの復讐や今回のことでDQN以外の人からも

イジメを受けるのではないか、家族にはどう言おうか、明日学校休もうかなど考えた

考えれば考えるほど欝な気分になって行き、それとは逆に心臓は自分で聞こえるほど

強く強く波打った

そんなこと考えている間に教室に付いた

教室のドアを開けると、DQNによくつるんでいた奴ら以外は以外とフレンドリーに話かけてくれた

安心して席につくとDQNが俺の目のまえに現れ両手で思いっきり机を叩いた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です