恋してはいけない人に恋をしてしまった、、、

 

 

 

従姉に恋をした。

信じられないほど心が痛い。
彼女に会ってから今日まで、一年一年、一日一日、その痛みは
蓄積されていき、今は極限だと思う。それはもう彼女との未来
など有り得ないのだと実感してしまったからだ。
二ヶ月前のあの日に。

5年前、母が再婚した。嫁いで間もない冬のはじめ、嫁ぎ先の
お姑さんが亡くなった。その葬式の最中、彼女と初めて出会った。

彼女は母の再婚相手の姪っ子。歳は俺よりも2つ上。しかし小さ
な風貌のせいか幼く見え、またバタバタした葬式の最中でもあっ
たため、俺は紹介を受けていたにも関わらず彼女の年齢など頭に
なく、高校生だと思い込んでいた。

だから別段、彼女に意識を払
っていたわけでもなく、ましてや当時の俺には結婚を約束してい
た彼女もいたため、そのファースト・コンタクトはなんてことな
く終わった。

 

俺は母の連れ子ではない。今現在も離婚した父(今も健在)の戸籍に属している。
だから厳密に言えば彼女とは血のつながりどころか戸籍上も従姉
弟関係にあるわけではない。

「君さえよければ私や私の子供たち、そして
私の親戚たちのことを家族だと思ってほしい。でも重く考えないでね。気
を遣わなければならない人間などいないし、みんな君のことをすでに家族
だと思っているから」

母が嫁ぐ時、再婚相手の男性が俺に言ってくれた言
葉だ。俺は彼の一言がすごく嬉しかった。俺が育った家庭環境は親戚付き
合いなど希薄だった。父も母も親類縁者と付き合うことを避けて生きてい
る人間だったから。

だから彼の子供たち(一男一女)や親戚の人たち(彼
は6人兄妹だったから一族の数はものすごく多い)がいっぺんに自分の家
族になったことが嬉しくてしようがなかった。そして事実、彼の言ったと
おりみんなあったかい人たちだった。

 

 

俺はなんの衒も抵抗もなく、彼のことを「お父さん」と呼んだ。お父さん
の育った家庭環境も複雑だった。お父さんの姓は「太田」だったが、親戚
の人たちは「田中」姓だった。それは田中の6人兄妹のうち、お父さんだ
けが太田家に養子に出されていたからだった。

しかし両家の交際が深かったため、6人兄妹はほとんど離れ離れになることなく大人になったという。
その話を聞いた俺はますます、この一族の一員になれたことを嬉しく思いこんな素敵な人たちのところに嫁いでくれた母に感謝すらしていた。

しかしそんな俺の気持ちが、後々自分の障害になるなんて、当時は思いもしな
かったんだ。

 

その年、2000年のクリスマスに、俺は付き合っていた彼女にプロポーズした。
この街では数少ない小洒落た店を予約し(俺は地方都市で育った)、大枚を
はたいて買ったエンゲージ・リングを彼女の薬指にはめた。

18の頃に両親が離婚し、間近で見せられた彼らの修羅場がトラウマとなっていた俺は、「結婚」なんてものになんの幻想も夢も抱いていなかった。その俺が結婚する。結婚できる。俺のトラウマは癒されたんだと思った。満面の笑顔で彼女が言う。

「ウチのお父さんの説得、ふたりでがんばろうね」

彼女は3人姉妹の真ん中で、上・下の姉妹はすでに嫁いでいた。それゆえにいつも「お前の結婚
相手は婿入りできる人間でないと認めない」と、彼女は父親から釘を刺されていた。俺はプロポーズの前に彼女に言っていた。

「俺の母親は再婚してるから安心だけど、親父はずっと一人身で暮らしている。彼に再婚する意思はないし、この先も独身でいるだろう。だから俺は君の家に婿入りするわけにはいかないんだ」

彼女は俺の気持ちを快く汲み取ってくれた。「お義父さん
も一緒に幸せになろうね」そんなことも言ってくれた。幸せだった。この幸
せな気持ちさえあれば、彼女のオヤジさんもきっと説得できると、自信を持
っていた。

 

それからまもなくのある日、俺は彼女の実家に挨拶に行った。オヤジさんは
渋い顔つきをしていた。すでに彼女から俺が婿入りの意思のないことを聞か
されていたからだろう。座布団も茶も出なかった。まあ当然だろう、と俺は
気合を入れてオヤジさんと話し始めた。

「はじめまして。大塚と申します」
「話は聞いてる。認めない」

呆気にとられた。

「私たち夫婦に残されたのはこの娘だけだ。この娘までとられたらこの先、
私たちの面倒は誰が見る?」

俺はめげない。

「私が婿入りしないとしても、それはお義父さんたちの世話をしないという
ことではありません。ただ一緒に暮らせないというだけであって、お義父さ
んたちから彼女を奪うつもりはないのです。私を家族として認めていただき
たいのです」

ここまで理路整然と話ができたかはおぼえていない。オヤジさんは聞く耳を
持ってくれなかった。

「家族になりたかったら、戸籍上でも正式になりなさい」

太田のお父さんのことが頭に浮かんだ。血のつながりや戸籍についての考え
方、それは人によってこうまで違うものなのか。そんなことを考えたり聞い
たりしたことがなかった人生だった俺だから、二の句が出てこなかった。情
けないが彼女に目を向けた。ヘルプミーだった。しかし彼女はずっと目を伏
せたまま、とうとう最後まで一言も口を開くことはなかった。

 

とりあえず、また今度お伺いしますと辞去した。彼女が車で送ってくれた。
車中は静かなものだった。俺は戸惑いやら怒りやらで混乱した頭を押さえつ
け、精一杯、虚勢をはった。

「まあ、時間をかけてがんばる…か!」

その俺の言葉も彼女は聞いていないかのように、ポツリと言った。

「無理かも…」

俺は爆発した。

「なんでだよ!?まだ一回目だぞ!ふたりでがんばろうって言っただろ!?」

彼女はすっかり怖気づいていた。すぐに冷静さを取り戻した俺は、やんわり
と、なだめすかしながら、しかし結論も出せずにこの日は彼女と別れた。
翌日は彼女とのデートだった。うまく事がすすんでいたら、本当は俺の両親
(もちろん太田のお父さんも含め)に挨拶に行くはずだった日。甘かったな
~と苦笑しつつ、彼女との待ち合わせ場所である喫茶店へと入る。いつもの
席に彼女がいた。彼女はいつもと変わらなかった。俺もいつもと変わらない
ように装った。俺のバカ話にケタケタと笑う彼女に安心し、昨日の話を切り
出した。

「昨日は情けない終わり方になっちゃってごめん。甘かったよ俺」

下げた頭を戻すと彼女の強張った顔があった。…ん?なんだ?? 話を続けた。

「早いうちにリベンジしたいから、お義父さんたちの都合を確認しといてくれるかい?」
「うん。わかった」

彼女の顔がいつもの顔に戻った。また安心した。

「ゆっくりと、時間をかけてがんばろうな」

むしろ自分に言い聞かせるように言った。
そして彼女に会ったのはこれが最後になった。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です