夜の星の海で…

 

僕「僕は……君の事が好きなんだ」

女「……」

少しだけ肌寒い風が吹いている八月の夜。

夜が始まったばかりの空には、キラキラと瞬く無数の星が、僕たちを見つめている。

空っぽの気持ちで空を見つめていた僕は……この告白が成功するとは正直思っていなかった。

ネガティブな考えでこう言っているのではない。

彼女は……。

誰から告白をされても、絶対に付き合ったりはしない。

僕はそれを知っていたから。

女「……」

彼女はただ、地面の方を向いて黙っているだけ。

女「……ごめんね。君とは付き合えないよ」

それだけ言うと、彼女は暗闇の中へ消えてしまった。

ああ、やっぱり……。

僕「これで、明日から彼女とは話もできない、か」

僕「……」

一人ただボーッと、残された僕は、さっき彼女に表れた変化……それを思い返していた。

両手を前の方で合わせて座り、僕の言葉に反応するように、少しだけ体を震わせた彼女……。
何かを呟いていたように思うけれど、僕の耳には彼女のごめん、という言葉しか残っていない。

彼女がいない隣を見ていると、本当にそう言っていたのかすら怪しいくらいだ。

僕(……まあ、今さら考えても仕方ないか)

そう、いない彼女の事を想っても何にもならない。

僕は少しの間歩く事もできず、また黒い空だけを見つめていた。

残された虚無感と、明日から彼女と話す事のできない不安が、一気に押し寄せてくる。

僕「ハァ……」

ため息だけが、夜の闇に溶けていく。

頭上で輝いている星々の美しさなど、今の僕には気付く事がでるはずもなかった。

……。

僕と彼女が出会ったのは、僕が大学三年生の時の事だ。

四月の入学式や、五月の慌ただしい連休が終わって……大学全体が少し落ち着いたようになったある日。

いつものように、学生食堂でお昼ご飯を買おうとしてた。

その時の僕には、彼女を見過ごして会わずにいる事もできたのに……。

それでも彼女と会ったのは、けっして恋愛感情から来る行動ではなかった。

それだけは、今もはっきりと覚えている。

最初の頃は……彼女の事など、全く頭にはなかったんだ。

僕「さて、今日は何を食べようかな」

僕は、授業から解放された嬉しさを胸に、食堂の中を歩いていた。

カウンターのすぐ横にある食券の販売機が目的地だ。

僕(昨日はカレーを食べたし……今日は無難に定食かなあ)

こうやってお昼のメニューを悩む事ができるのは、贅沢な事なんだ、と最近考えるようになってきた。

僕(よし、今日は鮭定食にしよう)

……といって、頭の中で決めたメニューの食券をすぐに買えたわけではなかった。

女「ん~、何にしようかな~」

どうやら、先客がいるみたいだった。

メニューが書かれた枠を、右に見ては左に見ては……。

後ろで一本に縛られた長い髪がその度にフリフリと小さく揺れている。

女「ラーメン……ハンバーグ……唐揚げ」

呪文のような、ブツブツとした声が後ろにまで響いてくる。

僕「……」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です