『アドレス変えました』気まぐれな君

290: :2010/11/02(火) 01:19:44.71 ID:

心の中でそう思った後、僕はすっかり冬の色になった街並みを見つめて、息を吐いた。

白いモヤが僕の口の周りを漂っては、透明に染まっていく。

寒くても、あと数分もすれば君に会えるから……。

僕「……ん」

待っている途中、お店の裏に猫が入っていった……気がした。

女「……や、お待たせ。じゃあ行こうよ」

彼女は僕の手を掴んで、昔と変わらない笑顔で走り出した。

離れないように、ギュッと彼女の手をつかまえながら。

292: :2010/11/02(火) 01:25:55.15 ID:

あれから、僕は何度か彼女がいる休憩所に通った。

なかなか時間はできなかったけれども、メールだけじゃなくて。

今度は会うようにして、気持ちの距離を縮めていった……つもりだった。

女「くすっ、いつもありがとう」

またいつか、彼女は僕から気まぐれに離れてしまうかもしれない。

それでも……今こうして隣で笑っている、僕たちの「いつも」を大事にしていきたい、そう思う。

女「……最近さ、あの猫ちゃんたち見ないよね」

二匹の猫は、もう二度と僕たちの前に現れる事はなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です