『アドレス変えました』気まぐれな君

227: :2010/11/01(月) 22:12:30.97 ID:

店員娘『今日はありがとうございました。また……お店に来て下さいね』

そうして彼女と別れたのが三十分前。

僕は電車を降りて、家に向かっている。

僕「……」

彼女から聞いた話を、僕は思い返していた。

僕「彼女の記憶がいらない?」

『そんなの、悲しすぎると思いますよ……』

……僕もそう思う。

228: :2010/11/01(月) 22:16:02.58 ID:

ピリリリリッ。

だって、こうしてメールが来るだけで……。

女『お仕事おわった~。ココアが飲みたいな♪』

心臓がとても強く……鼓動する。

嬉しいんだよ、悲しすぎる事なんてない。

僕自身はそう感じている。

でも、頭の中の『僕』は……それを忘れて拒否している?

僕『……さっきまで、喫茶店にいたよ』と。

頭を空にするために、僕は彼女とメールを始めた。

これでいいんだ……もうすっかり暗くなった帰り道を。

携帯の光だけを見ながら歩いている。

僕は彼女が好きなんだから、これで幸せ。

僕の頭は、いつもそこで思考が止まる、ただそれだけの事だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です