『アドレス変えました』気まぐれな君

133: :2010/11/01(月) 10:08:28.04 ID:

僕「よかったって、何が?」

後輩「こうやって先輩といられる事ですよ。はぁ、夢みたい」

僕「夢なんて……そんな大げさだよ」

酔っているせいか、自然と声が甲高くなってしまう。

顔もちょっとだけ含み笑いをしていて……浮かれていたんだと思う。

後輩「大げさなんかじゃないですよ! 先輩の事ずっと考えていたのに……私の事なんてまるで見てくれないから……」

彼女も、少し酔っていたんだと思う。

135: :2010/11/01(月) 10:14:42.99 ID:

僕「見てくれない……なんて。そんな事……」

ほぼ毎日お弁当を作ってくれる彼女。

彼女と話せるだけで、ほんの少しだけ元気になれた。

僕(話せるだけで元気、か……)

メールの彼女の事を思い出しそうになったけど、今は我慢した。

後輩「……本当に?」

僕「えっ?」

後輩「本当に……私を見てくれてますか?」

僕「……」

彼女の目は真っ直ぐこちらに向いている。

それだけで……本気なんだ、というのがわかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です