『アドレス変えました』気まぐれな君

僕「ど、どうかしたんですか?」

先輩「い、いや……その、ね」

チラリと目線が後輩の方に向いた。

後輩「?」

先輩「ほ、ほら。今はお昼休みだから……ご飯の時間を削ったらもったいないでしょ?」

先輩「それに急ぎの仕事じゃないから……ね? 後輩さんもそっちの方がいいでしょ?」

後輩「……ふふっ、お気遣いありがとうございます」

先輩「ね?」

僕「まあ、先輩がそう言うなら……」

71: :2010/11/01(月) 06:29:16.82 ID:

先輩「じ、じゃあお邪魔虫は消えるから。ごゆっくりね!」

早足で、先輩はその場から消えてしまった。

後輩「……へへっ、いい人だね」

僕「ああ、うん。そうだね」

後輩「じゃあ続き続き、はいあ~んして?」

言われるままに口を開けて、僕は卵焼きを頬張った。

僕(先輩、どうかしたのかな……?)

後輩「美味しいですか?」

目の前の彼女の笑顔には、適当に何かを答えた。

多分、美味しいとは言ったんだと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です