『アドレス変えました』気まぐれな君

1: :2010/11/01(月) 02:35:09.02 ID:

知らないアドレスからメールが来た。

『アドレス変えました』

これだけの本文。

名前も書かれていない電子の文章。

僕「これは……誰からだろう?」

携帯片手に、首を傾げた夜だった。

6: :2010/11/01(月) 02:42:47.78 ID:

アドレスからは、男性か女性か判断が出来ない。

僕「……まあいいか」

連絡が来るんだから知っている人間なんだろう。

僕「明日の会社で聞けばいい……か」

携帯の電源を切って、そのまま眠りについた。

知らない人からのメール……ただそれだけだ。

7: :2010/11/01(月) 02:46:48.24 ID:

『……あ、僕ちゃん』

『よう僕。サッカーやろうぜ!』

ここは……小学校?

いや、何だか景色が違う。

緑のフェンスの向こうには、紅葉が舞っていて……そのフェンス寄りかかる形でサッカーゴールが置かれている。

僕「ああ、これは夢なんだ」

周りでは、小学校時代の友人が笑っている。

笑いながら……僕が合流するのを待っていた。

8: :2010/11/01(月) 02:49:38.36 ID:

ピピピピ ピピピピ ピピピピ

僕「……」

携帯電話からのアラーム音で、僕は気だるく目を覚ました。

僕「……昔の夢を見るなんて。懐かしいなあ」

地元を離れた今では、昔の友人に会う事はない。

ちょっとだけセンチメンタルになってしまった。

9: :2010/11/01(月) 02:53:09.95 ID:

僕「……っと、もうこんな時間か」

しかし数秒もすれば僕の頭は現実……電車に乗る時間に引き戻されて行く。

僕「じゃあ、いってきます」

誰もいない部屋に挨拶をして、僕は朝日の中を歩き出した。

見知らぬメールの事なんて、もう僕の頭の中にはなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です